院長ブログ | 松戸のみやた皮膚科クリニックへ脱毛、アトピー性皮膚炎、ニキビ、水虫、いぼなど、ご相談下さい。

院長ブログ

蕁麻疹の原因とピロリ菌

こんにちわ。

 

松戸駅前のみやた皮膚科クリニック、院長の宮田です。

 

蕁麻疹(じんましん)という皮膚の病気があります。

蕁麻疹とは皮膚が地図状に赤く盛り上がり痒みを伴いますが数分から数時間で消えたり出たりを繰り返す皮膚の病気です。

 

話は変わって、タイトルにもあるピロリ菌とは、「ヘリコバクター・ピロリ」とも言います。

胃に住み着いている微生物の名前です。

このピロリ菌が、蕁麻疹の原因のひとつになっているのではないかという報告があります(あくまで可能性です)。

 

個人的な見解ですが、蕁麻疹の方は(いや、蕁麻疹でなくとも)ピロリ菌の検査や除菌をした方がよいと思います。

なぜならば、「ピロリ菌は、胃炎、胃潰瘍、胃癌、特発性血小板減少性紫斑病などの原因となるから」です。

これらの病気とピロリ菌との関係はかなりはっきりしているようなので、除菌をすることはこれらの予防や治療のために不可欠と言ってもよいのではないかと思います。

つまり胃癌の予防のひとつに、ピロリ菌除菌があると言うわけです。

ついでに蕁麻疹も治ると、正に一石二鳥ですね。

 

検査や治療は、内科(専門は消化器内科)で行っていただけると思います。

検査は、胃の内視鏡(胃カメラ)で組織を取ったり、培養をしたりする胃カメラを使用する方法と、採血や検便で抗体や抗原を調べたり、検査薬を飲んだ後に測定器具に息を吐いて検査するなどの胃カメラを使用しない検査があります。

どうしても胃カメラが飲みなくないという方も、胃カメラを使わない方法で検査をされてみてはいかがでしょうか?

 

これらの方法でピロリ菌がいることが確実となれば、治療は内服で行うことになります。

なお、LG21というヨーグルトがピロリ菌に効くというのは有名な話ですね(除菌ができるわけではありません)

 

ピロリ菌は、日本人の実に50%(6000万人)にいると言われています。

特に40代以上の人は70%以上の方にピロリ菌がいると言われています。

ピロリ菌は、特殊な病気ではなくて、本当にありふれた病気なんですね。

2013年7月16日 (火曜日) | リンク用URL

風疹

こんにちわ。

松戸駅前のみやた皮膚科クリニック、院長の宮田です。

 

最近、流行っていた風疹がやっと減少始めているという報告がされました。

当院でも、現在まで例年になくぱらぱらとですが、風疹患者さまが来院されていました。

この流行の主体は、30-40代の大人の男性によるものと思われます。

ワクチンの接種をしていなかった世代だから多い(女子は接種していた)と言われています。

妊婦さんが妊娠20週までに風疹にかかると、お子さんが先天性風疹症候群になる恐れがあるため、ピークを過ぎた現在でもとても注意が必要な病気です。

この風疹が減少してきたことにより、妊婦さんもちょっとは安心できそうですね。

 

では、風疹とはどんなものでしょうか?

・発熱(出ない人も半分)

・発疹(顔から始まり全身に拡大。発疹同士がくっつかない。)

・リンパ節の腫れ(風邪と異なり、耳の後ろ、首の後ろなど)

この3つが特徴です。

ただ、麻疹、伝染性単核球症、薬疹、中毒疹など他にも似たような症状を示す病気はありますから、血液検査や問診も含めて総合的に診断することになると思います。

 

特効薬はないため、解熱剤や安静などが中心となると思います。

 

やっぱり、予防に勝る対策はありませんね。

風疹のワクチンをうったことのない方、風疹にかかったことのない方は、この機会にワクチンを受けてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

2013年7月10日 (水曜日) | リンク用URL

シラミ(続)

こんにちわ。

 

松戸駅前のみやた皮膚科クリニック、院長の宮田です。

 

今回は引き続きシラミ(アタマジラミ)の話です。

 

シラミの特効薬は、スミスリンです。

薬局で売っていますね。

ところが、このスミスリンが効かないシラミが増加しているようです。

国内では沖縄や九州などが多いようです。

 

そんなこともあり、薬に頼らない駆除や予防も大事になってきますね。

 

主な注意点は

・学校、自宅、プールなどでは、タオルの共用、クシの共用は控えましょう。

(プールの水でうつるわけではありません。この点は水いぼも同じですね)

・枕カバーやシーツは、熱湯(60度5分以上)で消毒するか、乾燥機にかけましょう。アイロンも効果的。

・消毒しなくとも、ビニル袋に入れて2週間放置すれば、シラミは自然に死滅します。

・家族にシラミの方がみえる場合は、家族全員の頭を良く観察しましょう。

・お子様がポリポリ頭をかいていたら、時々頭をチェックしてあげましょう。

 

気になることがあれば、皮膚科までどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年7月 9日 (火曜日) | リンク用URL

雷雨

こんにちわ。

 

松戸駅前のみやた皮膚科クリニック、院長の宮田です

 

今日の松戸はとても暑かったですね。

昼休みに外に出てみるとむわっとして、とてもじゃないですが、長い時間は外にいられない熱気でした。

当初、うどんを食べにゆく予定だったのですが、お店まで歩くのもためらわれたため、一転してコンビニでおにぎりを買い簡単に昼食を済ませました。

 

さて、午後の診療が始まると、今度は急に暗くなったかと思うと、凄まじい雨と雷が!!

いわゆる、夕立ですね。

そういえば、昨日の日曜も夕立がありました。

昨日は自宅にいたのですが、暗くなったので「何だかきそうだなー」と思いきや、やはり雷と大雨が降ってきました。

洗濯物を慌てて取り込んだのですが、やっぱり多少は濡れてしまいました。

まあ、これも夏の風物詩ですよね。

 

 

2013年7月 8日 (月曜日) | リンク用URL

シラミ

こんにちわ。

 

松戸駅前のみやた皮膚科クリニック、院長宮田です。

 

最近、お子様の頭シラミが松戸市内ではやっているようですね。

学校からシラミのお知らせが回ってきたり、頭が痒くて来院されたり、中にはシラミの虫を捕まえてビニル袋に入れて持参される患者様もみえます。

 

シラミはどんなものなのでしょうか?

幼稚園、保育園、小学校などで流行るシラミは「頭ジラミ」だと思われます。

大きさ3mm前後(結構、大きいですね)で、頭に住み着きます。

シラミが皮膚を刺して血を吸うと痒くなったりしますが、無症状の場合もあるようです。

 

では、シラミを見つけるにはどうしたらよいでしょうか?

毛をよく見ますと、白い(グレーっぽい)フケのようなものがくっついています。

これがシラミの卵です。

この卵を見つけるのが、一番簡単ですね。

フケとの区別は、指で毛をはじいたり、つまんだりしたときに、動いたり落ちてしまうか、くっついているかでわかります。

フケは動いたり落ちてしまいますが、シラミの卵は毛にくっついていますから、動きにくいです。

 

皮膚科に受診していただければ、シラミを顕微鏡などで調べることができます。

 

6月は特にシラミが多いと言われています(プール開きの検査で発見されるためもあり)。

気を付けましょう!

 

2013年7月 7日 (日曜日) | リンク用URL

梅雨明け

こんにちわ。

 

松戸市、松戸駅前のみやた皮膚科クリニック、院長の宮田です。

 

今日は暑かったですね。

天気もよく、帰宅してから梅雨が明けたと聞きました。

もう明けたんだと思いましたら、例年より15日も早いとか。

 

お天気がよいのは気持ちも明るくなりますから大歓迎ですが、ふと心をよぎったのは、水不足大丈夫かなということです。

つい先日まで空梅雨で騒いでいて、さらに梅雨が早く明けるとなるとちょっと心配な気持ちもします。

 

水不足で思い出しました。

忘れもしない、震災の直後、確かペットボトルのミネラルウォーターがちょっと不足気味になっていましたね。

おそらく水道水が汚染されているかもしれないというのと、今後大きな余震に備えての買いだめ行動によるものだったのでしょう。

不思議と、ジュース類は豊富にあった気がします。

他にも、カップ麺などの保存がきく食料品も、品薄だった記憶があります。

あと、携帯電話用の電池式充電器も・・・・。

 

普段はモノがあふれていて、何でもあるのが当たり前な気持ちになっていますが、震災が起こったとたん、もろくも崩れてしまいました。

その経験を決して忘れないように、地震国の日本に住む限りは、普段から非常用の水、食料など最低限は保存しておきたいものですね。

 

そういえば、今日は歯を磨くときに、水を出しっぱなしにしてしまいました。

飲める水は貴重な資源です。

明日からは気をつけねば。。。

2013年7月 6日 (土曜日) | リンク用URL

手足口病(続)

こんにちわ。

 

松戸市、松戸駅前のみやた皮膚科クリニック、院長の宮田です

 

それにしても手足口病が多いですね。

お母さんも一緒に感染している例もあります

兄弟間でうつっている方も見えます。

無症状の人もいますし、発疹が消えた後も感染力はあるので

防ぎようがないという考えもあります。

 

昨年(だったと思いますが)は、手足口病後に、爪の変形がでるお子様が多かった印象ですが

今年はいかがなるでしょうか。

 

治療法はありませんので、熱があったり、口が痛くて食事や水分がとりにくいときは

安静が一番大事ですね。

 

 

 

2013年7月 2日 (火曜日) | リンク用URL

  • 医療レーザー脱毛
  • 男性レーザー脱毛
  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • 治験のご案内
    口唇ヘルペス
    性器ヘルペス
  • スタッフ募集
  • 携帯サイト

雑誌 ひよこクラブ2010年2月号

院長がひよこクラブに子供の皮膚病の記事を書きました。 ひよこクラブ2010年2月号

みやた皮膚科クリニック

〒271-0092
千葉県松戸市松戸1147
涌井ビル5階