院長ブログ | 松戸のみやた皮膚科クリニックへ脱毛、アトピー性皮膚炎、ニキビ、水虫、いぼなど、ご相談下さい。

院長ブログ

各種予防接種始めました

こんにちは。

 

松戸駅前のみやた皮膚科クリニック、院長の宮田です。

 

成人を対象とした(インフルエンザは10歳以上)各種ワクチン予防接種を始めました。

H25年は風疹大流行の年でしたね。

今後このような流行を繰り返さないためにも、成人でもワクチン予防接種をしておきましょう。

 

現在のワクチン内容

・インフルエンザ

・水痘

・帯状疱疹(特に50歳以上の方)

・風疹(特に昭和54年4月1日以前に生まれた男性)

・麻疹

 

なお、風疹、麻疹予防接種は、H26年3月31日まで松戸市の助成があります。

2013年11月21日 (木曜日) | リンク用URL

ある食堂にて

こんにちは。

松戸駅前のみやた皮膚科クリニック、院長の宮田です。

 

先日、自然食の某食堂に行ってきました。

自然食の定義が何かですが、ご飯も玄米を使ったり、カラダによさそうな食材を使用しているイメージのお店です。

マックス10人くらいしか入れない、小さな個人食堂。

 

店主(女性)が一人できりもみしているようです。

 

料理を頼んで、しばらくしたら、突然小学生の男の子がお水などをもってきました。

 

えっ?子供?5-6年生くらい?

 

そうです。

その男の子は、少なくとも私が滞在している間は、料理を運んだり、注文をとったりしていました。

 

店主の息子さんでしょうか。

 

無口で、暇なときにはスマホを見たりもしていましたが、なんとなくやわらかい感じの男の子でとても好印象を受けました。

 

小学生が仕事かあ。。。。

 

ちょっと複雑な気もしましたが、私がその年齢の頃は、TVを見ているか、外で遊んでいるかが大部分でしたので、そのころにバイトでも社会に触れていればもっと良い意味で違う自分になっていたかもしれないなどと思索にふけっていました。

 

さて、食事を食べ終わり、一息ついていると、その男の子が、もう下げてもいいですか?と聞いてきましたので、食器をさげてもらいました。

「しまった!」

そうです。お茶碗にいくつもの米粒が残っていました。

普段はあまり気にしないで食べているお米も、小学生スタッフにはきれいな食べ残しがないお茶碗を見せてあげたかったなあと、大変後悔しました。

 

米粒に関しては生涯でもっとも後悔した瞬間でした。

 

<続くかもしれません>

2013年11月20日 (水曜日) | リンク用URL

ダイエットに王道なし

こんにちは。

松戸駅前のみやた皮膚科クリニック、院長の宮田です。

 

最近、スマホにデータを飛ばせるヘルスメーターを買いました。

毎日乗っています。

 

体重に大きな変化はないのですが、体重を毎日見ていると食事に気を付けなければならないと思うようになります。

健康はバランスが大事。

太りすぎ、痩せすぎ、両方とも健康によくありません。

とりわけ、現代人が悩むのが太り過ぎでしょうね。

 

楽に痩せられたら・・・・

 

だれしもが思うことですね。

 

ダイエットの公式は

摂取カロリー<消費カロリー(基礎代謝j含む)

 

これしかありません。

 

インを少なくし、アウトを多くする。

たったこれだけ。

 

でも、なかなかできないですね。

 

ある本に沖縄の長寿の理由について

「西洋人は腹いっぱいになったら食べることを止め、沖縄の人は空腹がおさまったら食べるのを止める」

と書いてありました。

 

なるほどですね。

 

なお、現在沖縄の平均寿命は全国一位ではありません。

一位は長野県です。

 

何でも、沖縄は食生活の洋式化などもあって、長寿一位から外れてしまったとか。

 

適度な食事、適度な運動。

 

ありきたりですが、健康維持とは地味な努力の積み重ねですね。

 

 

 

 

 

 

2013年11月17日 (日曜日) | リンク用URL

インフルエンザ予防接種のお知らせ

こんにちは。

松戸駅前のみやた皮膚科クリニック、院長の宮田です。

 

当院でのインフルエンザ予防接種の対象者様に若干の変更がありましたので、お知らせいたします。

 

年齢 10歳以上 接種いたします

妊婦さま 13週以降 接種いたします

 

なお、20歳未満の方は、なるべく保護者と同伴でお願いいたします。

また、18歳未満は保護者の同伴がないと接種できません。

 

 

2013年11月13日 (水曜日) | リンク用URL

フィリピンの台風被害

こんにちは。

松戸市、松戸駅前のみやた皮膚科クリニック、院長の宮田です。

 

フィリピンを11月8日、猛烈な台風が襲いました。

甚大な被害が出ているようです。

 

高潮が襲ったレイテ島の映像を見て愕然としました。

まるで、東日本大震災の時の東北沿岸のようです。

 

言葉を失いました。

 

フィリピン政府の要請もあって、我が国から援助・救援の部隊の予定が立ったようです。

一人でも多くの命が救われることを願っております。

 

東日本大震災の際は、世界中から我が国に援助などの協力がされました。

ネット情報ですが、フィリピンのマニュエル・ロペス次期駐日フィリピン大使が伴野豊外務副大臣との会談にて

「フィリピンが被災した際には常に日本が最初に援助の手を差し伸べてくれたことから、

フィリピンとしては、できる限りの支援と協力を行う用意がある」

との発言をされたとか。
 
助け合いは大事で、心温まりますね。

当院からもささやかですが、日本赤十字社を通じてフィリピンの被災に寄付をさせていただきました。

2013年11月12日 (火曜日) | リンク用URL

ワクチンとは?

こんにちは。

松戸市、松戸駅前のみやた皮膚科クリニック、院長の宮田です。

 

今年もインフルエンザ流行のシーズンが近づいてきました。

以前のブログにも書いたように、乾燥する時期になると、ノドの抵抗力が弱ったり、インフルエンザウイルスが壊れるまでの時間が長くなったりします。その結果、インフルエンザの流行になるのですね。

 

ところで、ワクチンとは何でしょうか?

 

ワクチンとは?

病原体(細菌、ウイルス)の成分または病原体そのものを投与することにより、感染症(人にうつる病気)を予防する医薬品です。

特定の病原体に対する体の免疫(病原体と戦う力)を強くして、以下の効能を持ちます。

1、病気にかかりにくい

2、病気が症状としてでにくい

3、病気にかかっても軽くする

 

VPD(Vaccine Preventable Disease)という言葉があります。

ワクチンによって予防できる病気という意味ですね。

 

たとえば、インフルエンザを考えてみれば、予防したほうが、感染して治すより良いに決まっています。

また、発症して、周囲の弱者(妊婦、子供、老人、免疫低下患者)に感染させてしまうのは絶対避けねばなりません。

 

流行の始まる前に、ぜひインフルエンザワクチンを接種しましょう。

 

当院では、インフルエンザワクチンを行っております。

1回2800円(税込)

予約制ではありませんので、お電話で当日在庫の確認だけしてからご来院ください。

 

 

 

 

2013年11月11日 (月曜日) | リンク用URL

病院でピアス

こんにちは。

松戸駅前のみやた皮膚科クリニック、院長の宮田です。

 

当院ではファーストピアス施術を行っております。

 

ファーストピアスは以下の特徴が必要だと考えています。

1、感染しにくい

2、ピアスホールがある程度以上の大きさになる

3、金属アレルギーになりにくい

4、トラブル時は適切な対応ができる

 

当院では、チタン製ピアスを用いていることをはじめとして

上記を十分配慮したピアス穴あけを行っております。

 

片側 2600円(税込)です。

 

ぜひ、病院でのピアスをご利用ください!

 

 

 

2013年11月10日 (日曜日) | リンク用URL

美容師さん向けのハンドクリーム

こんにちは。

松戸駅前のみやた皮膚科クリニック、院長の宮田です。

 

タイトルに美容師さんを挙げたのは理由があります

美容師さんは、水を使用するお仕事の中でも最も手の皮膚に負担がかかる職業のひとつです。

 

水、シャンプー、パーマ液、染毛剤など、一日中手の皮膚に負担のかかる業務をされています。

当院にも手荒れなどで、美容師さんが来院されています。

 

「手袋をする」

 

やはり、手に負担をかけないためには、当たり前ですがこれが一番有効ですね。

(ゴムアレルギーなどの美容師さんは、プラスチック製手袋を使用します)

 

しかし、細かい作業などをする際にどうしても手袋をするのが難しいこともあると思います。

 

そんな時に、せめて手の皮膚を刺激から守るハンドクリームを使用されてはいかがでしょうか?

手袋に比べて十分効果的とは言えませんが、少しでも手を守ることをされた方がよいと思います。

 

美容師さん向けのハンドクリームとしては、

・水などの外部からの刺激から皮膚を保護する。

・さらっとしてべとつかない。

・ある程度長持ちする。

・お仕事の前に塗って、皮膚を保護する。

などが要求されると思います。

 

こういったニーズ向けのハンドクリーム(皮膚保護剤とかスキンクリームとも呼ばれているようです)で、当院でご提案しているのが

ハイテウル プロテクト スキンクリーム(ポーラファルマ)

です。

 

もちろん、他の手の皮膚を酷使するご職業(理容師さん、飲食業、看護師さん、介護業など)の方にも使用していただけると思います。

 

受付にて販売しております。

2013年11月 8日 (金曜日) | リンク用URL

魚で蕁麻疹(アニサキス編)

こんにちは。

松戸駅前のみやた皮膚科クリニック、院長の宮田です。

 

蕁麻疹になられ来院される患者さまの中には、食べ物を心配される方が時々みえます。

今回は魚が原因で発生する蕁麻疹の中でも、アニサキスにまつわるお話です。

 

魚を食べて蕁麻疹がでる場合、魚そのものではなく、魚に寄生しているアニサキスという寄生虫が原因のことがあります。

 

魚を食べる

アニサキスも一緒に食べてしまう

アニサキスに対するアレルギーをもってしまう

再び、アニサキスの寄生している魚を食べたときに、蕁麻疹がでる

 

単純に言うとこんな感じです。

 

アニサキスは、サバ、サケ、ニシン、スルメイカ、イワシ、サンマ、ホッケ、タラ、マスなどに寄生します。

釣ったばかりの魚を食べると、運が悪いとこのアニサキスが、人の体の中で暴れて腹痛を起こすことがあります(アニサキス症)。

森繁久弥さんという俳優さんが、このアニサキス症になったのは有名?な話ですね。

アニサキスは、加熱や冷凍でも死滅するので、アニサキス症を避けるためには、「獲れたての超新鮮な魚を食べない」ことになりそうです。

ある調査では、マサバの7割にアニサキスが寄生していたとのこと。

 

では、加熱や冷凍した魚だったら、蕁麻疹がでないかと言いますと、これは違います。

アニサキスに対するアレルギー反応は、アニサキスが死滅しても残存することが多いようです。またアニサキスの生死にかかわらず、加熱してもアレルギー反応はあまり減らないようです。

 

対策としては、魚を食べると毎回ではなくとも蕁麻疹がでるような気がする患者様は、採血などでアニサキスアレルギーを検査し、疑わしい場合は、やはりアニサキスが寄生しやすい魚を避けた方がよいと思います。

2013年11月 8日 (金曜日) | リンク用URL

  • 医療レーザー脱毛
  • 男性レーザー脱毛
  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • 治験のご案内
    口唇ヘルペス
    性器ヘルペス
  • スタッフ募集
  • 携帯サイト

雑誌 ひよこクラブ2010年2月号

院長がひよこクラブに子供の皮膚病の記事を書きました。 ひよこクラブ2010年2月号

みやた皮膚科クリニック

〒271-0092
千葉県松戸市松戸1147
涌井ビル5階