院長ブログ | 松戸のみやた皮膚科クリニックへ脱毛、アトピー性皮膚炎、ニキビ、水虫、いぼなど、ご相談下さい。

院長ブログ

スティーブ ジョブズのスピーチ

明けましておめでとうございます。

松戸市、松戸駅前のみやた皮膚科クリニックの宮田です

 

年末に開業医をしている大学の同級生と話をする機会がありました。

その話の中で、「スタンフォード大学でのスティーブ ジョブズのスピーチ」がおススメだよと教えてもらいました。

YOU TUBEでも見られるとのことで、早速、見てみました。

 

アップル社と言えば、i phone やi pad が有名ですね。彼はそのアップル社のCEOだった人です。

 

そういえば、私が中学生くらいの頃に アップル社のappleⅡというパソコンがありました。よくパソコン雑誌で広告は見ていましたが、ゲームに関して言えば、とてもグラフィックがきれいで面白そうなゲームばかりで、本当にやってみたかったです(高額すぎて手がでなかったのですが)。その代りにNECのPC6001という低価格パソコンを両親に買ってもらいました。BASICというプログラミング言語で簡単なプログラムを作ったりしていましが、実際はゲームソフトで遊んでばかりでしたね。おかげさまでパソコンは現在でも苦手です。若いスタッフがワード、エクセルを使いこなしているのを見ると驚いてしまいます。当時はテープレコーダー(これも死語?)でプログラムが録音されているカセットテープを再生し、音声を利用してデータをパソコンにインストールしていました。ピーガーピーガーという音がなぜ、ゲームに変身してしまうのかとても不思議でした。

 

さて、本題に戻ります。

彼の略歴は以下のような感じです。

 

複雑な家庭環境で育つ。

大学を中退して、アップル社を起業する。

アップル社が勢いのある途中に、その会社から追い出される。

紆余曲折をへて、アップル社のCEOに返り咲く。

2003年 すい臓がんを発症。

2005年 スタンフォード大学の卒業式でスピーチを行う。

2011年 すい臓がんで死去。

 

彼のスピーチは多くの人から、名スピーチと言われているようです。

興味のある方は、ネットで検索してみてください。動画はYOU TUBEで見られます。また、いろんな和訳済みのサイトがみつかります。和訳によっては重要な部分の意味が大きく異なって訳されていたりしますので、複数参照する方がよいと思います。

→たとえばこれなど。

 

以下、ネタバレです。

彼のスピーチは3部構成+結語です。注意していただきたいのは、聴衆が20歳ちょっとの若者であるということです。

 

1、自身の複雑な生い立ちと大学中退。現在体験している全てのことを(正しいと)信じて行えば、将来、有機的に結びついてきっと役に立つ。

 

2、自分が作った会社から追い出されたが、また復帰した。好きなことを仕事にして、信念を持ってそれを行えば失敗しても立ち直れる。人生は塞翁が馬なんだよ。

 

3、自身が癌になった話。自分の命に限りがあると「実体験」したときに、人生のほとんどの不安や恐怖は無くなってしまう。よって恐れずにやってみたいと思うことにチャレンジしよう。あなた方(20歳の若者)もいずれはこの世から消え去ってしまうのだからね。

 

4、結語 stay hungry, stay foolish

 

1と2は、ちょっとしたビジネス書でもお目にかかる内容ですが、3は意表を突かれた感じです。

彼は世界的にも大成功者であった時期に病気にかかり、病気が彼の仕事に対する考え方に大きな影響を与えたということなのでしょう。

 

それにしても、大学生に向かって

「あなた方は今は若いが近いうちに、年を取り消え去るのだ。だから人生を自分のやりたいことを行って生きなさい」

とはっきり断定調で言ってのけるのには、心にズシーンと響くものがありました。

 

私も、大学生のころから今まで、長いようであっという間でした。

彼の言葉を、(20歳ではないので、遅すぎるかもしれませんが)今からでも身にしみて行動してゆきたいと思います。

 

補足

彼の3のスピーチを聞いていて、ふと村上春樹の小説の文言を思い出しました。

私は村上さんの小説は1冊も読んだことがないですが、それでも知ってるくらいなのできっと有名な1節なのでしょうね。

←興味のある方はこらへ。

 

 

 

 

 

2013年1月 1日 (火曜日) | リンク用URL

紅白歌合戦

こんにちわ。

松戸市、松戸駅前のみやた皮膚科クリニックの宮田です。

 

私はテレビをあまり見ないせいか、特に最近のTV・芸能はよく知りません。

でも、前回のブログでお話ししたように、今後は最近のTV・芸能について勉強するのも面白いかなあと考えるようになりました。

 

今日は、1年ぶりに(当たり前ですが)紅白歌合戦を見ています。

その紅白に、関ジャニ∞(カンジャニエイトと読むらしい)が出演していました。このグループについては、かろうじて名前を聞いたことがある程度です。

早速、ネットでカチャカチャ調べたところ、村上信五というメンバーの方が、私がたまに見るテレビ番組のひとつである「月曜から夜ふかし」の司会者であることが判明しました。もう一人の司会者はマツコデラックスさんです(こちらは結構知っていました。なんと言っても存在感がすごい方ですから)。

 

関ジャニ∞自体は、最近のグループではないようですが、ぼーっとテレビを見ていても、司会者がなんという名前でどんな活動をしているのかは案外と知らない(記憶に残らない)ものなんですねえ。

 

さらに、関ジャニやマツコデラックスをネットで調べると驚くべき事実が。。。

・関ジャニ∞は関西出身で、メンバーが当時8人いて、某テレビ局のチャンネル番号からネーミングされた。

・8が横に寝ている∞になったのは無限大(になる?)という理由で。

・マツコデラックスさんは、高校生の時、キムタクと同級生だった

など。

 

いや~、大晦日から勉強になりました。

 

 

2012年12月31日 (月曜日) | リンク用URL

宮迫氏の胃癌報道に思う

こんにちわ。

松戸市、松戸駅前のみやた皮膚科クリニックの宮田です。

先日、宮迫氏の胃癌報道がされていました。初期癌とのことでフアンの皆さんもほっとしたことでしょう。

また彼自身もきっと完治することを確信しているのではないでしょうか?

私も、彼の完治を心より祈念しています。

 

さて、話は宮迫氏の件とはちょっと離れます。

通常、癌と言われた場合、言われた本人は大きなショックを受けると思います。

なぜ自分だけが?手術は痛いかな?助かるのかな?仕事どうしよう?などさまざまな不安が一気に噴き出すことでしょう。

なぜならば、私たちは「今日も明日もこれからも、ずーっと健康で生き続ける」ことを、無意識のうちに当たり前だと感じているからです。ですから、その健康神話が突然崩れたときに急に混乱、不安になるのではないでしょうか。

 

私がここで言いたいことは一つです。

それは私たちは生物ですから、癌でなくとも必ず死ぬ存在であるということです。

 

健康なころは「年取っていつか死ぬんだろうなあ」というくらいの考えだったのが、ある日突然重大な病気になり「死ぬかもしれない」という事実が、ものすごいリアリティをもって眼前に立ち上がってきたとき、私たちはどんな心の状態になってしまうのでしょうか?

 

もし自分自身がその立場になったとすれば、最初は驚き、戸惑い、葛藤などいろいろあるでしょうが、最終的には澄み切った深い湖のような心情になれるとよいなあと思います。ただ、痛みや倦怠感、呼吸困難などの体の苦痛が強いと、心も乱れてしまいますから、モルヒネや鎮静剤、ステロイドなどはしっかりと使用して欲しいなあと思います。

 

命に期限があるとはっきり実感できた時、「残された時間をいかに過ごせば、自分はより良い生き方ができるのか」、それをものすごく真剣に考え始めると思うのです。

 

その結果、自分にとって重要な価値以外のものはだんだん離れてゆき、本当に大事なものが選ばれてゆくような気がします。たとえばありきたりですが、家族と充実した時間を過ごすとか、忙しくて気にもしていなかった美しい光景(夕焼け、道端の花など)に心から感動するとか、仕事においては本当にお客様の笑顔が見られるような仕事をしたくなるなど。

 

たまたま(運がよく)健康であるときにも、こういった命の限界を常に心に抱いて生き続けることはしんどいことです。でもその結果、深い人生が送れるのではないかとも期待しているのです。

2012年12月 5日 (水曜日) | リンク用URL

みんなで一緒に頑張ろう(サントリーのCM)

こんにちわ。松戸市、松戸駅前のみやた皮膚科クリニックの院長宮田です。

東日本大震災から早くも一か月が過ぎました。

TVのCMもACジャパン一辺倒から、ようやく普通のCMに戻りつつあります。

この中でも、ハッと心に残るCMがあります。

サントリーのCMです。

我が国の代表的な(個性的な)歌手、芸能人などの皆さんが、九ちゃんの名作を

次々と歌うのです。ピアノ伴奏は(おそらく)坂本龍一氏です。

まるで、we are the worldの日本版みたいなコンセプトですが、これがとても心に染み入るのです。

3万人近い膨大な犠牲者と、解決には10年以上かかると言われる原発事故を引き起こした大震災。

このCMでは、「みんなで頑張って日本を復活させよう!」というメッセージがすごく感じられます。

私の好きなのは、「見上げてごらん夜の星をA編60秒」です。

サントリーはイイモン作ってくれました。

2011年4月19日 (火曜日) | リンク用URL

東北関東大震災

こんにちわ。

松戸市、松戸駅前、みやた皮膚科クリニックの宮田です。

 

みなさんもご承知のように先日大きな地震がありました。信じられないほど、多くの方が亡くなりました。

毎日、テレビで犠牲者の数が増えるのを見るたびに、大きな悲しみを感じます。さぞかし無念だったことだと思います。

今は生存者の救命と、被災された方の健康と生活の一刻も早い復帰を望むばかりです。

 

震災以来、救援と復興に向けて日本全体がまとまってきたように感じます。

日本に住む人全体が一致団結すれば、きっと復興は早期に可能だと思います。

 

私にも何かできることはないかと考えましたが、まずは目の前の診療を真剣に行うことではないかとあらためて思いました。

今まで以上に頑張ってゆきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

2011年3月21日 (月曜日) | リンク用URL

レスリー・キー フォトグラファー

こんにちわ。松戸駅前、みやた皮膚科の宮田です。


先日、NHKのトップランナーという番組で、レスリー・キーというフォトグラファーの特集を見ました。

彼の作品のいくつかを紹介しておりましたが、これがまた(・∀・)イイ!


躍動感がある人物写真ですが、繊細かつ引き締まった感じも受ける。。

思わず見入ってしまいます。


まずは、彼の公式ホームページ で、作品の一部を見てください!

商業雑誌の写真なんかは、雑誌のタイトル文字と顔のバランスがとれていてビックリです。体のパーツがあるべく処にあるいとう感じですね。


なんでも彼は、日本で修業し、さらにNYに行ったようです。そこでは「写真技術が甘い」と散々言われ、さらに大きく成長したとのことです。一流の技術を持った人たちと交わることがさらに技術を飛躍させるのに大切なんでしょうね。


トップランナー内のお話によると、レスリーの最大の魅力は、人を引き付けるその人間性にあると思われます。彼に写真を撮ってもらうモデルたちは、つ い彼の話術、魅力にはまりこみ、楽しみ、その結果、彼の言うとおりに動いてポーズを決め、そして翌日に筋肉痛になることも。モデルを筋肉痛にしてしまうだ けの人間的魅力があるのでしょうね。


私も彼に撮ってほしいな!

さっそく、彼の公式HPからの問い合わせメールで、「Could you take a picture?」とでもメールしてみようかな?!

2010年3月 9日 (火曜日) | リンク用URL

ある風の強い日

こんばんわ!松戸市、松戸駅前のみやた皮膚科クリニックの宮田です。




先日のお休みの日は、少々体調がすぐれず、自宅でゆっくりしておりました。




窓を全開にして、畳の上に寝転んで「ぼーっ」と天井を見つめていました。

すると、窓から「ざわざわざわーーーっ」って感じの風が入って来るではありませんか!

梅雨の谷間で青く晴れた日中、遠くからは選挙カーがひっきりなしに何かを叫んでいる音がモワーンモワーンと聞こえてきます。

そんな中、ざわざわーっとした風は、とてもさわやかで、涼しく、心地が良かったです。

扇風機やエアコンでは再現不可能な、自然の風でした。




「ああー、こんな過ごし方もいいなあ」と感慨にふけっていました。

ウトウトしたり、ハッと目を覚まして本を読んだり、ダラダラ一日送ったおかげで、その1日で体調が回復したようです。




私は休みの日も、仕事、勉強、外出など何かしていないと気がすまない性格なのですが、この日は体調の問題もあって、ひたすらぼーっとしておりました。私にとって「いつもと違うことをする」=「何もしない」ことなのですが、何もしないことによって発見できたのは以下の2つです。




1、何もしないことは、意外に大きな満足感につながる

2、自然を部屋で感じることは、トテモ気持ちがよく、心身ともにリラックスできる




体調がやや持ち直した夕食は、上野のとんかつ井泉 本店に行ってきました。やや混んでおりました。ヒレカツ定食をいただきました。ソースは薄味、トン汁は濃い味でしたが、メインのとんかつも含め、大変おいしくいただくことができました。今度はカツどんにチャレンジしてみたいです。

それにしても、店員さんたちの動きは良かったですよ。無駄な言葉、無駄な動きを一切省いて、狭いキッチン内でスルッスルッとダンスをする様に動いていました。こういう緊張感があり、無駄を感じないキッチンは見ていてもすがすがしい気分になってしまいますね。

2009年7月 9日 (木曜日) | リンク用URL

  • 医療レーザー脱毛
  • 男性レーザー脱毛
  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • 治験のご案内
    口唇ヘルペス
    性器ヘルペス
  • スタッフ募集
  • 携帯サイト

雑誌 ひよこクラブ2010年2月号

院長がひよこクラブに子供の皮膚病の記事を書きました。 ひよこクラブ2010年2月号

みやた皮膚科クリニック

〒271-0092
千葉県松戸市松戸1147
涌井ビル5階