手荒れ・湿疹 | 松戸のみやた皮膚科クリニックへ脱毛、アトピー性皮膚炎、ニキビ、水虫、いぼなど、ご相談下さい。

手荒れ・湿疹

手荒れ
どんな病気?

手荒れは別名「進行性指掌角皮症」とも言われています。もともとアトピー性皮膚炎などの手荒れになりやすい体質、外部からの刺激に弱い方が多いといわれています。その体質に、水仕事、紙や段ボールを触ったりする仕事、あと最近目立つのがパソコンの作業の刺激が加わって手荒れが発生します。特に主婦(赤ちゃんがみえると特に!)、美容師、飲食業、銀行員、図書館、SEなどの職業の方に目立ちます。よく使う方の手に多くみられ、右利きであれば、右の手の親指、人差し指、中指に始まり、次第に両方の手のひら全体に広がることもあります。手がカサカサし、赤くなり、ひび割れや水疱・ジュクジュクを伴い、痛痒くなることもあります。一般的に冬に悪化し、夏は改善することが多く見られます。
原因は元々手荒れになりやすい体質(皮膚が弱い)に加えて、石けんや洗剤、シャンプー、紙、こするなどの刺激が加わると健康な手の皮膚のバリアーが壊れて、さらに色んな刺激が入り手荒れが悪くなってしまいます。

診断

利き手のカサカサ、発赤、ひび割れ、小水疱、痒みなどで診断します。
手荒れと間違いやすい手の病気がいくつかあります。正確な診断が必要です。

  • ・異汗性湿疹
    汗が手の皮膚に貯留して発生。小さい水疱が指にできる。足にもできることがある。
  • ・カブレ(接触性皮膚炎)
    ゴム手袋(ラテックス製、パウダー入り)、染毛剤、洗剤、石けん、消毒剤などが原因で手に湿疹が起こります。
  • ・金属アレルギー
    口の中の歯科金属や食物の金属が原因で、手足が湿疹になることがあります。
  • ・水虫
    手に水虫菌がうつることがあります。検査ではっきりわかります。
  • ・掌蹠膿疱症
    手足に水疱、膿疱、皮むけ、発赤などができます。
治療

手に保湿剤を一日に何度も外用して手の皮膚を保護します。通常は副腎皮質ホルモンの外用薬を塗って治してゆきます。ひび割れや水疱、ジュクジュクなどの時は、内服や他の外用剤を使用したりして、なるべく痒み、痛みを治してゆきます。一旦よくなったら予防皮膚医学でなるべくよい状態を維持します。

日常生活の注意点
  • ・保湿剤をこまめに塗りましょう。
  • ・手洗いは刺激になるのでなるべく最小限にしたほうがよいです。
  • ・水仕事の際は、ゴム手袋をして刺激から手を守ることが必要ですが、ゴム自体による刺激もありえるので、薄手の綿手袋をして、さらにゴム手袋を重ねて着用するとよいです。
  • ・非ラテックス・非パウダーのゴム手袋が簡単でよいと思います。
  • ・職業性手荒れの方は、お仕事が今後もずっと続けられるように医師とハンドケアについてよく相談しましょう。
湿疹
どんな病気?

簡単にお話をすると、「原因不明、病名不明のかゆい皮膚病全て」を湿疹といいます。湿疹でも特に特徴的な発疹の形を示すものには、それぞれ病名がついています。脂漏性湿疹(皮膚炎)、貨幣状湿疹、自家感作性皮膚炎など。

診断

まず本当に湿疹以外の病気ではないか診断する事が大切です。小さい発疹(水疱、プツプツ、膿を持ったプツプツ、皮むけ)が存在し、その発疹のいくつかが出たり引いたりして、痒みを伴っている状態で診断します。

治療

主に副腎皮質ホルモンの外用薬を使用します。湿疹の状態によっては内服薬、それぞれの状態にあった他の外用薬を使用することもあります。

日常生活の注意点
  • ・掻かないこと、日光を避けること、お風呂でこすらないことなど。

大人の皮膚病

受付に関するお問い合わせ その他、ご意見やお問い合わせは下記よりご連絡ください。

ご意見・お問い合わせ

  • 医療レーザー脱毛
  • 男性レーザー脱毛
  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • 治験のご案内
    口唇ヘルペス
    性器ヘルペス
  • スタッフ募集
  • 携帯サイト

雑誌 ひよこクラブ2010年2月号

院長がひよこクラブに子供の皮膚病の記事を書きました。 ひよこクラブ2010年2月号

みやた皮膚科クリニック

〒271-0092
千葉県松戸市松戸1147
涌井ビル5階