みやた皮膚科クリニック

院長ブログ

原宿でウィーンを体験 デメル ウィーン風カフェ

こんにちわ!


松戸駅前、みやた皮膚科クリニック院長の宮田です。


先日、原宿駅の目の前にある原宿クエスト1Fにあるカフェ、デメル に行ってきました音譜


何でもウィーンにある王室ご用達のカフェ、デメルの日本支店だそうです。

デメルのお菓子は、デパートにも置いてあるようですが、この原宿店はカフェも楽しめるみたいです。


表通りに面している1Fにあるにもかかわらず目立たない入り口を入ると、そこはまさにヴィエナ風・・・・。

ちょっと薄暗くて、重厚で、お菓子のケースが物々しく鎮座しております。

ウィーンの本店に合わせて店舗を作ったというだけに、なんだかヨーロッパにいるような気がしてきましたラブラブ


ネクタイ&スーツで身を固めた男性スタッフが、これまたウィーン風をかもし出しています・・・。


さて、少し待ってから小さいテーブルに着席し、早速デメルの名物であるザッハトルテとデメルブレンドコーヒーを注文しました。


コーヒーは小さいピッチャーに入って来ました。それをカップにそそいで、口にひとくち・・・。


「う~ん、大人の味・・・」


というより、結構苦いです得意げ


ヨーロッパのコーヒーは、総じて濃いと聞いていましたが、アメリカンの愛好家の私にはちょっと刺激が強すぎました。あわてて、ミルクを入れてやっと落ち着いていただくことができました。


さて、視線はいよいよザッハトルテにうつります。


黒の重厚な円形のケーキ。もちろん、チョコレートケーキの一種です。

そこに、甘くない生クリームがいい感じで添えてあります。


そしておもむろに、お菓子をひとくちいただきます。


「う~ん、甘い・・・」


相当、甘いです。でも甘くない生クリームと一緒にいただくと丁度いい感じ。


ウィーン人(といよりオーストリア人)の知恵に感心しました。

やっぱり、料理は味のバランスが大事ですね。


さて、いよいよお会計となりましたが、このときの伝票がまた、ウィーン風(かも)。


最初から最後まで異国情緒にひたって、店を後にすることができましたニコニコ


それにしても、デメルの雰囲気から考えてなぜ原宿の駅前にあるのでしょう?


もう少し奥にある表参道やいっそのこと銀座のほうが雰囲気とぴったりするような気がするのですが・・・。


まあ、いっか。

素敵なお店に出会えたときは、気分がいいもの。

また行ってみよう。。。

2008年3月 5日 (水曜日) | リンク用URL