スタッフブログ | 松戸のみやた皮膚科クリニックへ脱毛、アトピー性皮膚炎、ニキビ、水虫、いぼなど、ご相談下さい。

スタッフブログ

性器ヘルペス

こんにちは!

みやた皮膚科クリニックです!

今回は性器ヘルペスについてのお話ですpaper

 

性器ヘルペス

 

 

★当院はほぼ毎日女性医師が常駐しておりますので、女性医師希望の方は受付にてお申し出ください。男性医師も火曜と金曜午前を除き常駐しておりますので、男性医師希望の際は受付にてお申し出ください。

 

 

①どんな病気?

陰部やお尻などに水疱が繰り返し現れる単純ヘルペスという微生物(ウイルス)が原因の病気です。

他の人に性行為などでうつる場合があります。

 

 

 

②症状

陰部、お尻などに違和感(ピリピリ、チクチク、かゆみなど)がでます。

引き続いて皮膚が赤くなり、ややはれぼったくなり、小さい水疱ができます。最後はカサブタになって治ってゆきます。違和感が出ない場合、水疱ができない場合もあります。

 

 

 

③他の人にうつさないためには?

水疱の中にはたくさんウイルスがいます。症状があるときは、性行為やオーラルセックスは控えましょう。

陰部やお尻をふいたタオルの共用もさけましょう。

患部を触った場合は手を石鹸で洗いましょう。お尻にヘルペスが出ている時はトイレの後に便座を消毒すると理想的です。

妊娠中の場合は、出産時に赤ちゃんにうつる場合もありますので、注意が必要です。

妊娠時は産婦人科医に相談ください。

なお、入浴で感染したり、洗濯したタオルで感染することは非常に少ないと思われますのでご安心ください。

※症状が出ていない場合もうつる可能性があります。

 

 

 

④治療

・皮膚科や婦人科、泌尿器科に受診して、抗ヘルペスウイルス薬をなるべく早めに内服します。

ファムビル、バルトレックス(バラシクロビル)、ゾビラックス(アシクロビル)など。なお、内服を始めても2日間程度は効き目が感じられない場合もありますが、続けて内服をするのが大切です。

・繰り返す場合は、再発抑制療法といって、毎日抗ヘルペスウイルス薬(バルトレックス)を1錠内服する方法もあります。

・なるべく早めに内服をした方が効果が高いため、PITという治療があります。

これはあらかじめ抗ウイルス剤(ファムビル)を処方を受けておいて、ピリピリ、チクチクなどの初期症状が出たらスグ内服をする治療です。他の内服法が5日間内服するのに対して、12時間ごとに2回内服するだけです。

・他にも抗ヘルペスウイルス剤の外用や、重症者には点滴もあります。

 

 

 

⑤覚えておこう!ヘルペス薬の内服法

ファムビル(ファムシクロビル) 1回1錠(250㎎)を1日3回、目安5日間。

バルトレックス(バラシクロビル) 1回1錠(500㎎)を1日2回、目安5日間。

再発抑制療法 バルトレックス 1回1錠(500㎎)、1日1回、毎日内服。

PIT ファムビル 1回4錠(1000㎎)を1日2回、1日間のみ。※症状でたら自己判断ですぐ1回目内服、12時間後に2回目内服。これで終了。

※腎機能に異常があったり、他の内服薬との相性、薬剤アレルギーがある場合などは内服用法が違ったり、内服できない場合がありますので医師の指示通りに内服してください。

 

 

 

⑥再発させないために

性器ヘルペスを体の中から完全に追い出すことはできません。よって、繰り返し症状が出る場合があります。

疲れ、ストレス、風邪・発熱など体力弱った場合などで誘発されますので、注意しましょう。

2019年10月 9日 (水曜日) | リンク用URL

  • 医療レーザー脱毛
  • 男性レーザー脱毛
  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • 治験のご案内
    小児アトピー(外用剤)
  • スタッフ募集
  • 携帯サイト

雑誌 ひよこクラブ2010年2月号

院長がひよこクラブに子供の皮膚病の記事を書きました。 ひよこクラブ2010年2月号

みやた皮膚科クリニック

〒271-0092
千葉県松戸市松戸1147
涌井ビル5階