院長ブログ | 松戸のみやた皮膚科クリニックへ脱毛、アトピー性皮膚炎、ニキビ、水虫、いぼなど、ご相談下さい。

院長ブログ

水虫を家族にうつさないために

こんにちは。

松戸駅前、みやた皮膚科クリニックの院長、宮田です

 

患者様から「水虫はいつまで靴に残るのでしょうか?」という質問を受けることがあります。

皆さんも危惧されるように、ご家族の方に足水虫の患者様がみえると

足水虫から床やバスマットに水虫菌(正確には白癬菌)が付着

健康な足のご家族が歩き、水虫菌が足に付着

24時間または12時間以内に皮膚の中に入り込み、水虫になってしまう

 

このような順番で、ご家族内に水虫が広がることになります

 

さて、患者さまからの「水虫はいつまで靴に残るのでしょうか?」という質問ですが、

湿ったところを好みますので、環境によって異なるようです。

ある実験では以下のようになっています。

 

・長靴 6か月

・靴下 3か月

・サンダル 1か月

また、一般的には

・乾燥していると数週間

・湿っていると数か月

と言われています。

 

少なくとも家庭内で水虫対策をするとすれば

・こまめな掃除機掛け、床やスリッパを濡れタオルで拭く

・バスマットやスリッパの共用を避ける

・なるべく同じ靴は履かないで乾燥させる、長靴などはタオルで靴の中を拭く

 

なお、足水虫の患者様が踏んだバスマットを、他の複数人の人が踏んだところ

ほぼ全員に水虫菌が付着したとのことです。

 

付着=感染(菌が皮膚の中に入り込み増殖する)とは違いますので、

付着した足は、できれば半日、遅くとも1日以内に水や石けんで洗い落とすことが大切です。

これにより水虫にならずにすむ可能性が高まります。

 

水虫は痒くないことがほとんどで、日本人の4人に1人以上が水虫ではないかと言われています。

足の皮がむける、指の間が白いなどの症状がありましたら、最寄りの皮膚科で相談されてみてはいかがでしょうか?

 

 

2013年9月23日 (月曜日) | リンク用URL

  • 医療レーザー脱毛
  • 男性レーザー脱毛
  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • 治験のご案内
    小児アトピー(外用剤)
  • スタッフ募集
  • 携帯サイト

雑誌 ひよこクラブ2010年2月号

院長がひよこクラブに子供の皮膚病の記事を書きました。 ひよこクラブ2010年2月号

みやた皮膚科クリニック

〒271-0092
千葉県松戸市松戸1147
涌井ビル5階