院長ブログ | 松戸のみやた皮膚科クリニックへ脱毛、アトピー性皮膚炎、ニキビ、水虫、いぼなど、ご相談下さい。

院長ブログ

蜂刺され

こんにちは。

松戸駅前のみやた皮膚科クリニック、院長の宮田です。

 

最近、蜂に刺された患者様の受診が時々あります。

蜂に刺された場合、ひどいと命に関わることがあり、実際わが国では1年間で40人くらいの方が蜂刺されにより亡くなったおられるようです。

上記の重症反応はアナフィラキシー反応といって、蜂に刺された2回目以降に起こる可能性があると言われています(正確に言えば、交差反応と言って初めての種類の蜂に刺された場合も、この反応が起こる可能性もあり)。

 

通常、蜂に刺された場合、以下の3つの反応が起こると言われています。

1、毒素による化学刺激反応(刺されてすぐ皮膚に発生する)

2、ゆっくり起こる毒素に対するアレルギー反応(遅発型アレルギー) 

3、すぐ発生する毒素に対するアレルギー反応(即時型アレルギー)

 

怖いのは3の場合です。

採血で3の起きる可能性を調べることもある程度可能ですが、採血だけでは今後蜂に刺された場合の反応を完全に予測することは難しいようです。

対応としては、蜂に刺されて気分が悪いなどあれば、下半身を少し高くするなどしながら(血圧低下に対する処置)、迷わずすぐ救急車を呼ぶことが大切です。この重症反応の起きる可能性が高い患者様は、エピネフリン自己注射などのアナフィラキシー治療薬を携帯したほうがよい場合もあります。

 

通常の蜂刺されの治療は、まず安静にして患部を冷やしましょう。

可能であれば、皮膚科を受診してください。

 

 

 

 

2013年10月 1日 (火曜日) | リンク用URL

  • 医療レーザー脱毛
  • 男性レーザー脱毛
  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • 治験のご案内
    小児アトピー(外用剤)
  • スタッフ募集
  • 携帯サイト

雑誌 ひよこクラブ2010年2月号

院長がひよこクラブに子供の皮膚病の記事を書きました。 ひよこクラブ2010年2月号

みやた皮膚科クリニック

〒271-0092
千葉県松戸市松戸1147
涌井ビル5階