院長ブログ | 松戸のみやた皮膚科クリニックへ脱毛、アトピー性皮膚炎、ニキビ、水虫、いぼなど、ご相談下さい。

院長ブログ

糖尿病と足

こんにちは。

松戸駅前のみやた皮膚科クリニック、院長の宮田です。

 

糖尿病。

ご存じの通り、血液中の血糖が上昇して尿の中にまで糖があふれてくる病気です。

 

H24年度の我が国での調査では、糖尿病と思われる方は950万人、糖尿病の可能性がある方は1100万人、合わせて約2000万人もの方が糖尿病とかかわりを持っていると報告されています。

人口比で言うと15%にもなります。

 

糖尿病の症状は2つに大別できます。

 

1、血糖の値によるもの

2、合併症によるもの

 

現実的には2が問題となります。

合併症は血糖が高いからと言ってすぐに出現するわけではなく、長い年月をかけて発生してきます。

 

主に

・目症状

・腎臓症状

・末梢神経症状

があります。

 

皮膚科に関係するのは、特に足の末梢神経症状です。

神経が障害を受けるため足の感覚がにぶり、怪我をしても気づかず放置してしまい、皮膚の傷が悪くなってしまいます。

感覚の異常以外にも、動脈硬化による血流j不足、ばい菌に対する抵抗力が弱る、種々の要因で足の形が変形するなどの要因も、足の傷の悪化につながります。

 

では、対策は?

1、まず、内科でしっかりと治療を受けましょう。もちろん、カロリーコントロール、適度な運動、禁煙なども大切です。

2、毎日、足を目で観察しましょう。知らない間に足に傷ができていることがあります。神経が鈍っているため、傷に気づかないことがあるのです。

3、入浴時は石けんで足の指の間まで丁寧に洗いましょう。

 

ウオノメ、タコ、水虫。

 

なんだか、ドラッグストアで薬が売っていそうなありふれた病気ですね。

しかし、糖尿病になるとこのようなちょっとした足のトラブルが、重症の足の傷やひどい化膿につながってしまうこともあります。

 

ちょっとでも変だなと思われましたら、最寄の皮膚科までぜひご相談ください。

 

2014年1月30日 (木曜日) | リンク用URL

  • 医療レーザー脱毛
  • 男性レーザー脱毛
  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • 治験のご案内
    小児アトピー(外用剤)
  • スタッフ募集
  • 携帯サイト

雑誌 ひよこクラブ2010年2月号

院長がひよこクラブに子供の皮膚病の記事を書きました。 ひよこクラブ2010年2月号

みやた皮膚科クリニック

〒271-0092
千葉県松戸市松戸1147
涌井ビル5階