円形脱毛症

どんな病気?

円形の脱毛が起こる病気です。
子供から大人まで誰にでも起こる可能性があります。
頭全体の毛が抜けてしまったり(全頭型)、生え際が帯状に抜けることもあります(蛇行型)。
頭以外に、眉毛、まつげ、腋毛など全身のどこにでも起こる可能性があります。
全身の毛が抜ける場合もあります(汎発型)。
1/4に爪の変形(点状のくぼみ、横線など)が見られます。

円形脱毛症の原因

はっきりとはわかっておりませんが、自分のリンパ球が成長期の毛包を攻撃することで発生する自己免疫異常ではないかと言われています。ストレスや遺伝の関係する場合があります。
アトピー素因(ご自分またはご家族にアトピー性皮膚炎、喘息、アレルギー性鼻炎などがある)、甲状腺異常、膠原病、亜鉛欠乏などを合併することもあります。
真菌症(カビ)、湿疹・皮膚炎、皮膚(皮下)腫瘍、薬剤、膠原病、梅毒、栄養障害、外傷、自分で抜く癖などによる脱毛の場合もあります。

診断

視診以外に、採血にて膠原病や甲状腺の病気、亜鉛欠乏などを調べることがあります。

治療

治りにくいため、いろんな治療を組み合わせます。

外用:ステロイド外用、フロジン(カルプロニウム塩化物)外用
注射:ステロイド局所注射、ステロイド点滴(点滴は入院が必要)
内服:セファランチン、グリチロンなど。
冷凍治療:液体窒素を吹きかけます。
光治療:エキシマライト、ナローバンドUVBなどの紫外線照射。保険適応3割で1回1000円程度。
局所免疫治療:人工的にかぶれを頭に起こす治療。

経過

数か月から年単位の治療が必要です。再発を繰り返すこともあります。
軽度であれば自然治癒することもありますので、過剰な心配はしないようにしましょう。
なお、何年も治らなくても、いずれ治療がうまくいけば生えてくる可能性はあると言われています。

円形脱毛症に対する当院のこだわり

複数の治療を組み合わせて治療してゆきます。

日常生活の注意点

・過剰なストレスは避けましょう。
・無理なダイエットを避け、偏りのない食生活を送りましょう。

大人の皮膚病

大人の皮膚病

受付に関するお問い合わせ その他、ご意見やお問い合わせは下記よりご連絡ください。

ご意見・お問い合わせ

  • 医療レーザー脱毛
  • 男性レーザー脱毛
  • LINE@
  • スタッフ募集
  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • 治験のご案内

    現在は行っていません

  • 携帯サイト

雑誌 ひよこクラブ2010年2月号

院長がひよこクラブに子供の皮膚病の記事を書きました。 ひよこクラブ2010年2月号

みやた皮膚科クリニック

〒271-0092
千葉県松戸市松戸1147
涌井ビル5階